次世代エネルギービジネス新規事業企画実務者研修

第3弾を4月から開講!!!

次世代エネルギービジネス新規事業企画実務者研修内容


東日本大震災を契機に、電力マネジメントに関するビジネスへの注目が高まっています。

今までは、工場等の限られた場所での節電ニーズ対応がビジネスの中心でしたが、デマンド(需要)サイドにおいて今までとは異なる新たなビジネスチャンスが生まれています。

また、 FIT(固定価格買取制度)の施行もあり、サプライ(供給)サイドでも、発電ビジネスを中心としたビジネスが盛んになってきています。

本講座では、実務者のために事業企画に必要な技術、制度、ビジネスモデル、ファイナンスといった構成要素の研修と、実際の事業企画の研修を実施して参ります。

デマンドサイド

省エネビジネス:

BEMS、HEMSアグリゲータ
各種補助金・助成制度

デマンドレスポンス:

日本での制度・実施形態
ビジネスモデル

米国先進事例:

デマンドサイドにおけるスマートグリッド

サプライサイド

太陽光ビジネス:

FIT(固定価格買取制度)の理解
ファイナンスモデル
収益性計画のたて方

PPS(特定規模電力事業者):

制度の理解
ビジネスモデル
電力市場の理解

米国先進事例:

サプライサイドにおけるスマートグリッド

 

 

 

 

 

 

講師(予定)

福井エドワード (「スマートグリッド入門」著者 ルビーインベストメントリサーチ代表取締役)

講義形式(例)

講師による解説(2時間)×3回
ビジネスプランニング演習(1.5時間)×3回

サンプル:第2弾 次世代エネルギービジネス新規事業企画実務者研修 PDF

———————————————————————————————–

※ この研修は厚生労働省の成長分野等人材育成支援事業の奨励金(*)の対象となります。
奨励金のお申し込み方法、要件等は最寄りのハローワークあるいは、
都道府県労働局にお問い合わせください。

(*)健康、環境分野及び関連するものづくり分野において、期間の定めのない従業員を雇入れ、
または他の分野から配置転換し、Off-JTを実施した事業主へ、事業主が負担した訓練費用を、
対象者1人当たり20万円を上限として支給。

 

 

Comments are closed.


情報発信媒体

CNET Japan  資源環境対策